会社概要

ご挨拶

 富山県の並行在来線は、県内を東西に走る幹線鉄道であり、JR城端線・氷見線・高山本線、富山地方鉄道線のほか、富山ライトレール、万葉線、路線バスが結節するなど、県内の公共交通機関のネットワークの結節拠点として、また、多くの県民の日常生活を支える交通機関として重要な役割を果たしています。

 こうしたことから、弊社は、平成26年度末の北陸新幹線開業に伴いJRから経営分離される並行在来線(北陸本線県内区間)を運営するため設立された、県、市町村、民間が出資する第三セクターの鉄道会社です。

 その経営にあたっては、これまでの富山県並行在来線対策協議会での協議をふまえ、安全性の確保を最優先とし、利用実態に即した利便性を確保するとともに、県内公共交通機関のネットワークの結節拠点としての活用を図り、地域振興と住民福祉の向上を目指すこととしています。

代表取締役社長 市井 正之

概要

商号 あいの風とやま鉄道株式会社
代表者 代表取締役社長 市井 正之
所在地 〒930-0088 富山県富山市諏訪川原一丁目3-22
(富山県富山農林振興センター諏訪川原庁舎1階)
TEL 076-444-1300 FAX 076-444-1320
資本金・
出資者
40億円
<構成>
・富 山 県:63%
・県内市町村:27%
・民 間 企 業:10%
役員 代表取締役社長 市井 正之
代表取締役専務 朝倉 隆文
常務取締役 椎木 辰雄
取締役 神田 昌幸
取締役 林 榮佐雄
取締役 三鍋 光昭
取締役 麦野 英順
取締役 森田 俊明
取締役 佐々 裕成
取締役 稲田 祐治
監査役 西岡 秀次
監査役 島﨑 慎一
監査役 林 時彦
設立 平成24年7月24日
社員数 150名(平成26年7月現在)

ロゴマーク

   ロゴマークにある2本の曲線は、富山に吹く柔らかで優しくさわやかに吹く風を表現すると同時に、お客様にあいの風とやま鉄道に同じ心地で乗っていただきたいとの想いを表現しています。
 色は、あいの風のさわやかさと富山湾の神秘さを表現したブルーと、富山県の豊かな自然を表現したグリーンを使用しています。

 

経営計画
あいの風とやま鉄道 ファンクラブ 会員募集中!